行政書士の報酬って、けっこう都合がよくていい収入だって見込める!

行政書士の年収や収入は、格差が激しいって言うけど、それは悲観的な見方だし偏ってると思う。
行政書士の年収は、操ることもできるんだと思ったほうがいい。そのほうが気分もラクになる。それに、操ってやるくらいの気持ちになったほうが、仕事もバリバリこなせるから。

だいたい行政書士って、お客さんからの報酬を操ることもできる。まあ「操る」って書くとちょっと誤解されるかな?
行政書士の報酬にも相場があって、だいたいそれを参考に決めるから、あこぎなほど高い報酬をとろうとしてもそのうちバレるし淘汰されちゃう。
そんなこともあって行政書士の報酬は、少しずつ違うんだけど大きな差がつくことはないだろうと思う。

じゃあその報酬っていくらくらいなのかっていうと、数万円から数十万円くらい。高くても30万円くらいだけどね。50万円とかに届く仕事はかなり少ない。

念のためにいっておくと、高い報酬の仕事ばかりを受けようとしてもそれは至難の業。だけど20万円くらいの仕事だったら、何とか専門に受けていくことも不可能じゃないかな?
私は無理しない範囲でやってるからそういうことはしたことないけどね。
私は最初のうち、もらえる仕事をかたっぱしからやってみたことがあるけど、途中から仕事を選ぶようになった。

今のとこは、コネと、仕事の実績のおかげで入ってくる仕事があるんだけど、それだけでも5万円くらいの仕事や10万円くらいの仕事をコンスタントにもらえるんで、それでいいやと思ってる。「××申請」みたいな仕事だと15万円から20万円くらいいただけることが多いんで、そういうのをたまには受けていきたいと思ってるけどね。